カテゴリ: 2010.11.ソウル( 5 )


2011年 07月 11日

2010秋旅☆ソウル ~昌徳宮~

 最終日の朝、世界遺産の昌徳宮を初めて訪れましたemoticon-0171-star.gif
雨直前の曇り空でしたが、霧に包まれているのが逆に荘厳な雰囲気を醸し出していました。
e0232054_20255576.jpg

 昌徳宮は数々ある古宮の中で、最も創建時の状態を残している宮殿です。
正殿である仁政殿の内部は眺めているだけで、シーンとした空気感が伝わってきて、
厳かで神妙な気持ちになります。
e0232054_20322892.jpg

 韓国の伝統庭園 秘苑(宮殿内の庭園)にも行ってみたかったですが、所要時間2時間ということもあり、
今回はあきらめて次回のお楽しみに残しておくことに♪
e0232054_20501080.jpg

 これまで幾度となく訪れた景福宮、徳寿宮ももちろんそれぞれに素晴らしいのですが、
昌徳宮には、そのままの状態で長い年月を経てきたからこその重厚感と迫力を感じました。
また違う季節に再訪できることを願いつつ、なごりおしい秋のソウルを後にして、帰国の途につきましたemoticon-0111-blush.gif
e0232054_2145618.jpg

[PR]

by hymy-lulu | 2011-07-11 21:11 | 2010.11.ソウル | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 30日

2010秋旅☆ソウル ~ランタンフェスティバル~

 ちょうどこの日は、清渓川でのランタンフェスティバル初日でしたemoticon-0171-star.gif
e0232054_228662.jpg

 ホテルからぶらぶら歩いて向かいましたが、ものすごい人、人、人!!!
綺麗だったのでもう少しゆっくり見たかったのですが、とても近くには寄りつけませんemoticon-0141-whew.gif
e0232054_22113322.jpg

 川沿いを右に進むか、左に進むかで迷ったあげく、夕食の場所に向かって右手に進んだのですが、
日本に戻ってからインターネットを見ていたところ、ちょうど私たちが訪れていた時間帯にイ・ビョンホンさんが
点灯式に来られていたらしいのです!!
そして、あの時もう少し左手に進んでいれば、そこが点灯式の会場だったのです!!
あぁ~とっても残念でした・・・emoticon-0106-crying.gif
e0232054_22243695.jpg

 当時はそんなことはつゆ知らず、鍾路にあるウォンハルモニポッサムの貫鉄店で、
上機嫌でポッサムをほおばっておりましたemoticon-0115-inlove.gif
ゆで豚にタレや味噌をつけて、お野菜やキムチや薄いお餅に巻いて頂くのですが、とーってもおいしかったですemoticon-0110-tongueout.gif
そして、こちらで頂いたパジョンがタマゴたっぷりのほわほわで、かなりおいしくて忘れられないお味です♪
e0232054_2232420.jpg

[PR]

by hymy-lulu | 2011-06-30 23:10 | 2010.11.ソウル | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 21日

2010秋旅☆ソウル ~徳寿宮~

 国立中央博物館の帰り道、ソウル駅で途中下車してロッテマートへ♪
お菓子、お茶、海苔、コチジャン、ゴマ油、ラーメン、チャプチェの乾麺、お目当てのものを
どんどんカートに入れていたら、すごい荷物に!!
でも、日本まで送るほどでもないし、と思い、とりあえずタクシーに乗りこみました。
ところが、すごい渋滞に巻き込まれてしまい・・・emoticon-0106-crying.gif
やむなく市庁前で降ろしてもらって、宿泊先のロッテホテルまで大荷物を抱えて、なんとかたどりつきました。

 その後しばらく休憩した後、紅葉の徳寿宮に向かいましたemoticon-0171-star.gif
e0232054_2231548.jpg

 王宮の石垣に沿ったこの通りの雰囲気、とっても好きなんです。
一度紅葉の時期に歩いてみたい!と思っていたのですが、ようやく実現しましたemoticon-0115-inlove.gif 
e0232054_23193195.jpg

 そういえば、ソウルの紅葉って日本のような「赤」のイメージではなく、「優しい黄色」が多いような気がしますemoticon-0111-blush.gif
e0232054_22582095.jpg

 王宮内部の様子は・・・
「中和殿」、徳寿宮の正殿です。
e0232054_23161261.jpg

 「昔御堂」、かつて王様が暮らしておられたお家です。
王様が暮らされたお家にしては色合いも地味な感じがしますが、そのシンプルさが逆に上品で美しい建物だと思います。
e0232054_235930.jpg

 王宮内には美術館もあり、新旧の建物が違和感なく、いい感じに共存していますね。
e0232054_231416.jpg

(*以上3枚の写真は、以前に訪問した際に撮影したものです)

 徳寿宮をお散歩した後、ロッテ百貨店14Fにあるティーロフトでダイスキな五味子茶を頂きました♪
しかしながらこちらのカフェ、残念ながら今はもう閉店してしまってるみたいです・・・emoticon-0106-crying.gif
e0232054_23295989.jpg

[PR]

by hymy-lulu | 2011-06-21 23:35 | 2010.11.ソウル | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 20日

2010秋旅☆ソウル ~国立中央博物館~

 来月半ばに、念願のソウル行きが決まりましたemoticon-0171-star.gif
さっそく予習しなくっちゃと、今からはりきっています♪

 昨年11月に訪れたソウルの思い出と、これまでの訪韓の中で印象に残っている場所について
書きかけていたのが途中のままになっていたので、来月までにまとめておきたいと思います。

 景福宮と光化門周辺を観光した翌日は、二村にある国立中央博物館に向かいました。
e0232054_22202078.jpg

 今回のテーマは、「紅葉のソウル 歴史遺産をめぐる旅」ですemoticon-0136-giggle.gif
こちらは、世界で6番目に大きい博物館だということですが、確かにかなり大きい!
じっくり見学しようとすれば、とても1日では見られないと思いますが、曜日によって1日に1~2回づつ、
「外国人のための展示案内プログラム」というのがあって、博物館の専門スタッフの方が1時間程度で国宝を含む見どころを解説付きでガイドしてくださいます。 しかも無料!
あらかじめ予約が必要と聞いていたので、出発前に日本から電話を入れておきましたが、日本語OKでした。
 
 入口からまっすぐに続く吹き抜けの空間、その突き当りに展示してある大きな石塔は、敬天寺十層石塔です。
五重の塔どころか十重の塔、が博物館の中に展示!? あまりの高さにいきなりビックリです!
e0232054_22491243.jpg
 
 6世紀頃の新羅時代の金冠。
思わず、うわ~と声を出してしまいそうなほど綺麗でした♪
装飾品はそれぞれ、「復活」や「繁栄」などの意味を込めてつけられているらしいです。
e0232054_2371373.jpg

 次は、百済時代の金銅大香炉。
いつもはソウルから離れた扶余(プヨ)の国立博物館に展示されていて、こちらに展示しているのはレプリカ
らしいのですが、G20の開催にあわせて関係者の方々が見学に来られる為にちょうど本物と入れ替えたばかりということでした。
(でも、たとえレプリカだったとしても、恥ずかしながら私はきっとわからなかったでしょうけど・・・emoticon-0136-giggle.gif
同じグループの中に、ちょうど前日に扶余に行かれた方がいて、昨日のが本物だと思っていたのにこっちが
そうなのか!、今日来てよかった!と、とても感慨深げに見ておられました。
e0232054_23254028.jpg

 その他にもいろいろな展示品の説明をして頂いた後、2階に上がり仏教関連の掛軸や彫刻などを紹介して頂いたところで、ちょうど1時間経ちました。

 解散後に、どうしても見てみたかった絵があったので、パンフレットの地図を頼りに向かいました。
めずらしく見ていた歴史ドラマ、「風の絵師」の天才画家 キム・ホンドの作品です。
こちらの博物館に少しだけ展示されていると知って、せっかくここまで来たんだからぜひ本物を見て帰ろう!と思いました。
ずっとドラマを見ていたことで、かなり親近感がわいていたので、うわー!と感動ですemoticon-0115-inlove.gif
とても生き生きして躍動感のある絵でした。
e0232054_23413755.jpg


 今回のプログラムに参加させてもらったおかげで、自分たちだけで来ていたらきっと知らないままだった展示品にまつわる歴史や意味を知ることができたので、
一つ一つを丁寧に、とても興味深く見学させて頂くことができました。
同じものを見てもこうゆう形で案内して頂いた方が、後になってもずっと印象に残るので、とてもありがたく有意義な時間だったと思いますemoticon-0111-blush.gif
[PR]

by hymy-lulu | 2011-06-20 00:09 | 2010.11.ソウル | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 05日

2010秋旅☆ソウル ~光化門広場&景福宮~

 近頃ソウルに行きたくってたまりませんemoticon-0171-star.gif
そうゆう時に限ってなぜか、雑誌もソウル特集、インターネットを見てもTVを見ても、やたらとソウルが目についてしまいます。
ついついこれまでの写真なども引っぱり出したりしてしまい、ますます行きたい気持ちが募っているところです!

 新しいものと古いものがいい感じに共存しているのが、ソウルのおもしろいところですよねemoticon-0115-inlove.gif
e0232054_10284326.jpg

 
 昨年11月、秋のソウル。
光化門広場をぶらぶら歩いて、李朝時代の正宮 景福宮まで向かいます。
2年ほど前に工事が完了した光化門広場ですが、以前からある李舜臣(イ・スンシン)像はもちろんそのまま健在!
ここは、ドラマ「IRIS」の撮影を行ったことでも有名ですが、こんなに人通りの多い場所で一体どうやって撮影をしたのかな・・・と、あらためて不思議に思いましたemoticon-0104-surprised.gif
e0232054_15224558.jpg

 ちょうどG20サミットの開催間近だったからでしょうか。世宗文化会館の階段がこんな感じに♪
e0232054_1555424.jpg

 ハングルを考案したことでも有名な第4代国王、世宗大王銅像です。
e0232054_1547791.jpg

 横断歩道を渡って、光化門に到着emoticon-0171-star.gif
こちらの立派な門をくぐって、景福宮に入ります。
e0232054_15572426.jpg

 ちょうど守門将交代儀式の時間帯にあわせてきたのでバッチリですemoticon-0136-giggle.gif
e0232054_16131349.jpg

 びっくりするぐらい大きなほら貝と太鼓の音で始まった交代式は、壮大なスケールで見ごたえ十分!
なんだかタイムスリップしたような気がしてきます!
衣装もとっても色鮮やかで映えますね~emoticon-0111-blush.gif
e0232054_16174574.jpg

 勤政殿。
景福宮の正殿で、一番大きな建物です。
外国人だけでなく、韓国の小学生たちや観光客の方などもたくさん来られて賑わっていました。
e0232054_16431288.jpg

 勤政殿の内部です。
王様が座っておられた場所ですね。
緻密な装飾が素晴らしくて、目を見張ります!
e0232054_16544271.jpg

 慶会桜。
重要な宴会が催された宴会場です。
e0232054_193247100.jpg

 誰もいないなんて・・・♪
絶好のシャッターチャンスemoticon-0115-inlove.gif
e0232054_16421227.jpg

 そして、裏庭の紅葉も黄色が美しかったですemoticon-0111-blush.gif
e0232054_10413670.jpg

とっても秋を感じる風景♪
e0232054_1048866.jpg

 16時から韓国の伝統芸術の公演「MISO 美笑」 (←コチラ、本当にすばらしかったです!)を観に行くことにしていたので、
その前にカフェで休憩♪
光化門広場沿いにあるレトロビル、イルミン美術館の中にあるカフェ・イマに向かいます。
一瞬入りにくいですが、扉を開けると中は白を基調にしたモダンな雰囲気♪
歩き疲れていたこともあり、おすすめのアイスクリームワッフルで元気が復活しましたemoticon-0111-blush.gif

 そして晩ごはんは、ダイスキな古宮の全州ビビンバemoticon-0159-music.gif
具だくさんで見た目もキレイ、そして栄養満点!!
こちらのチェプチェも、もっちりしていておいしいんですよね。
e0232054_10563280.jpg

おかずもいっぱいでうれしくなっちゃいます♪
e0232054_10584031.jpg

[PR]

by hymy-lulu | 2011-05-05 19:48 | 2010.11.ソウル | Trackback | Comments(4)